カットシーンについて

NHKで放送している海外ドラマは本国の放送よりもオンエアー分数が少ないという事実はご存じでしょうか?
NHKは放送枠に合わせてオリジナルを数分間カットしています。
私は縁あってブラジル放送版(ポルトガル語字幕のオリジナル放送と同じ物)を見ることが出来たのですが、
カット場面は大概は本筋と関係ない一エピソードを抜く、場面転換シーンを短縮するなど大きな影響のない場面ばかりなのですが(でも結構重要なシーンは多い)
ここだけはキッドファンとしては忽せに出来ないという場面があります。

それはあの「あるヒーローの死」。
NHK放送版では憧れのヒーローの苦悩を知り心揺さぶられるビリーの美しくも硬派なSTORYに対して、キッドとルーは晴れて結ばれてお気楽な印象のまま終わっています。
ところが本当はもう1シーンあったのでした。
それは念願叶ったのにこれでよかったのだろうか?と浮かない表情の二人という場面。
このシーンをどう解釈するかは色々あると思うのですが、この時ルーの涙を見たキッドは「結婚」を意識したのだと思います。

これはその後一旦は別れてしまう二人の転換点となったシーンだと思います。
キッドはルーに結婚を持ち出す。ルーはまだ誰にも縛られずに仕事を続けたい。
そのすれ違いの種がこの話で撒かれ段々と育ち、数話後に別れにつながってしまったのだと思います。このシーンがあるとないとではその後の話の印象が随分変わってきます。


NHKが何故このシーンをカットしたかなのですが、カットするなら他にもっと意味の無いシーンはあります。
ということはカットは恣意的な物だったのかなと言う事が考えられます。

1.道徳的ではないから。
確かにNHKのコードは堅い。(^^;)でも「ビバリーヒルズ青春白書」はこれより上だと思います。
「アリー・マイ・ラブ」は映像よりもセリフが凄いし。
それにYRの中でも「賞金稼ぎ」でのアメリカの恋愛には不可欠な(^^;)水浴びシーンも結構あぶない・・・。
(因みに燃え上がる暖炉というアイテムもアメリカの恋愛には不可欠です。これは「あるヒーローの死」で登場)

2.二人の恋愛を翳りの無いものにしたかった。
青春ウエスタンという位置づけでは結ばれても哀しいという印象にはしたくなかった?

真相はどうなんでしょう?ただ本放送の時にカット無しだったら今と違う感じ方をしていたのは確実だったと思います。
(今は最終回を見てからこのシーンを見ているわけですから)